軽度知的障害・自閉症スペクトラムSAKIKOのすすむ道

自閉症スペクトラムと診断された中学生SAKIKOとの生活を綴ります。楽しいこといっぱい、でも悩ましいこともいっぱいです。

通知表。。。1があった。

高校受験、通知表に1があるとかなり厳しいと聞きます。

テストの点数は、悪くても

いつも姿勢よくおとなしく授業に出ているSAKIKO.

ほぼ 2だったのは、先生方の配慮だと思います。

でも、社会が。。。1でした。

1学期も1だったのですが、

提出物を全く出せていなかったとの事で

2学期は、全部ではなくても、だいぶ出せているはずでした。。。

態度は悪くないのに。。。出席もしてるのに。。。

とショックと悲しさと焦りでしょうか。。。。

SAKIKOのことを考えてくれていないと勝手に考え

先生に対する怒りも出てきました。。。

SAKIKOは、ショックだったはず。。。

何も言いません。

 

SAKIKOの姉ちゃんに話すと

「そんなに怒らないで、困っています。。。。

どうしたらいいですか。。。

このままじゃ高校いけないかも。。。

困っちゃいました。。。

って教科の先生に直接相談してみたらいいよ。

まじめに評定したら1なんだろうから。。。

モンスターと思われたら逆に怒りを買うよ」と言われた。

 

妙に納得し、先生に連絡。

SAKIKOに興味がないいやな奴!!と勝手に考えていた私。

違いました。SAKIKOの状況を踏まえて

プリント提出したら、加点しましょうか?と

先生のほうから提案してくれた。

1つけるって大変なことよね。

私みたいな親がいたら、2度手間で。

無難に2つけたほうが先生楽かも。。。。

そんなことを考えていたら、急にいい先生に思えたわ。

とにかく膨大なプリントを早速SAKIKOと

一緒にやり始めました。