軽度知的障害・自閉症スペクトラムSAKIKOのすすむ道

自閉症スペクトラムと診断された中学生SAKIKOとの生活を綴ります。楽しいこといっぱい、でも悩ましいこともいっぱいです。

英検アドバイスの失敗

英検がんばりました。

しかし。。。

私のアドバイスは失敗。

答え合わせをしたら、書いたところは

結構あってる。

すごいじゃん!!

でも、いくつもの「そこは、飛ばした。

1か2か迷ったから。。。飛ばした」

そうそう、「ひとつのところに時間をかけてないで

わからなかったら、飛ばしちゃいな」

って事前に伝えたんです。

マークシートだから、あてずっぽうでも何か、マークしておきな」って

言わなかったんです。

「お母さん、わからなかったら、飛ばしなって言ったでしょ。

だから、そうしたよ」って。

なんて素直。。。。

確実にわかるとこしかマークしなかったみたいなの。

飛ばした数を数えるとちょっと、合格には厳しいかも。

私のアドバイス失敗でした。

具体的に説明すべきだったんだね~。

 

英検5級に挑戦!!

学研の先生に強く勧められて、英検5級に挑戦します!

今度の日曜日が本番。

本人は、最初全然やる気なくて、先生の勧めにも

のらりくらりしていたのですが、

英検は受験にも有利で、自信も付くとの事で

先生が熱心に勧めてくださいました。

最後は、根負けって感じで、

SAKIKO「わかったよ~やるよ~」と。

2ヶ月くらい前から、週4回の学習の間英検対策もしてくださっています。

SAKIKOより先生が頑張ってる?!

親でさえ、あきらめそうだったのに。本人あんまりやる気見えないしね。。。

先生すごいです!!

でも先生いわく「いい線行ってる!」って。

SAKIKOといえば「英検って受かるの??」

と、受かるはずないって思っているよう。

確かに、お姉ちゃんは、2級を何度も落ちています。。。。

一度でも「受かる!」「合格!」の体験して欲しいなあ。

これで成功体験をつめたら。。。と。

イメージしている私です。

学校休んでもいいから英検受かろうよ!!

どうかな。。。。

 

余計なこと言っちまった。。。

学校行き渋り続いてる。。。

家にまで、居場所がなくなったらと思い

無理してはないが。。。

「友達がいない」というので

「行ったほうが友達できるよ~」

と言っちゃった。

「そんなのわかっている!!!!」

そうだよね。ぜーんぶわかっているけど

うまくできなくて困っているのよね。。。

毎朝、起きるとおなかが痛いような気がしちゃうし

お肌のかさかさもひどくなるし。。。

週に1-2回通学がやっとって感じ。

学校は、1分もかからない隣なのに行けなくて。。。

もっと遠い学研教室には、週4日も自分で歩いていく。

ピアノ教室にもバスに乗って行く。

居場所があるところには、行かれるんだよね。

GW明けの行き渋り

GW明けの行き渋り。。。よく聞きます。

SAKIKO 5月に入って、毎日行き渋り。。。

「頭痛い。おなか痛い。具合が悪い。。。」

いろいろ言っています。

「体育がいやだから」は、いつも言っていますが

「それだけでないけど、言いたくない」と。

でも、教えてくれました。

「学校に行きたくない理由」は、

「SAKIKOの性格。。。。」

自分の性格に向き合わなければならないから

辛いと。。。。

せっかくの子ども時代をこんな思いで過ごすなんて。

切なくなるね。

いろいろ言っても、気休めにもならないようで。

本人の気持ちを聞き、尊重していくしかないね。

自分の居場所を見つけて、力を発揮できますように。

「明日は金曜日だし、5校時だし、行くかな」ですって。

カラオケで発散!!

GWも終わりに近づいてますね。

家族揃っての時間がなかなか取れずに

大きな計画はできませんでしたが。。。

子どもたちそれぞれ満足してほしいなと

希望を聞きました。

姉と弟が行くという映画をすすめるも

「行きたくない」と。。。。

「カラオケ」に行きたいとの事。

で、3時間歌い放題に!!

歌が大好きなSAKIKO.

ユーチューブでみて、たくさんの曲を知っています。

母は、付いていけません。

そして、普段は聞けない、SAKIKOの早口。

SAKIKOの大声。熱唱!!

何曲歌ったかわからないくらいなのに

まだ歌いたい曲あった。。。と残念そう。

楽しかったね!!

家庭訪問終わりました。

協力学級(普通学級)の担任と特別支援クラスの担任の先生で

お2人で来ていただきました。

SAKIKOの性分のことをお伝えしました。

きっとよくみてくださると思います。

中3なので、進路の話。

ずっと変わらない、SAKIKOの希望校は評定3.6ですって。

現実のSAKIKOは、2.1か2.2ってとこ。

厳しいのは、わかっていますが、他の学校(特別支援学校や通信制の学校)

も検討しつつ、希望は希望で持たせたいという話し合いをしました。

1年間(実際には、そんなにないですね)軌道修正をしながら、

SAKIKOのすすむ道を検討していきたいと思います。

家庭訪問いつですか?

新学年。SAKIKOが緊張してるなんて

書いたけど、私もかなり力はいっている。

毎日のSAKIKOの表情気になるし。。。

早く家庭訪問で先生と話したい!って思ってて。。。

SAKIKOが、早速、家庭訪問予定表を持って来ました。

「いつ~?」と聞くと。。。

SAKIKOの名がありません。。。

SAKIKOは、困った表情。。。

また、やられました。今までこういうことは

1度や2度じゃないので想定内だったはずですが

昨年の先生がとっても配慮ある先生だったので

気を抜いていました。

すぐ電話して、状況を話すと

「特別支援のクラスで過ごすか、このクラスで過ごすか

わからなかったので。。。」と言うこと

「ほんとにすみません」と平謝りでしたが。。。

SAKIKOをクラスの一員として考えているか

SAKIKOを意識しているか

先生の気持ちがよくわかる出来事でした。。。

これからまた新しい先生との関係つくりか。。。

頑張ります!!

SAKIKOの魅力をお伝えしなくっちゃ。 

「SAKIKOは、先生のクラスで頑張りたいと

強く願っています。ああ見えて、人とかかわりたい気持ちが

人一倍強いんです。

今もとっても気合入れて学校に行っています!!」とお伝え。

私もかなり気合はいっていますよ!!。。。とは、言いませんでしたけど。