軽度知的障害・自閉症スペクトラムSAKIKOのすすむ道

自閉症スペクトラムと診断された中学生SAKIKOとの生活を綴ります。楽しいこといっぱい、でも悩ましいこともいっぱいです。

SAKIKO 高校進学どうするか。。。

SAKIKO,公立高校不合格でした。

一緒に合格発表に行きましたが、酷ですね。

カウントダウンしていて、貼り出された紙の番号をみて

「やったー!!」と喜ぶ他の子の声の中、帰宅。

長女は、推薦入試でしたし、長女の大学受験の結果もネットでという形だったので

なんだか、久しぶり。。。というか、自分の時以来か。。。

切り替えて、次を考えます。

迷った挙句、公立の二次募集の受験は、やめて

通学できる通信制の高校の説明会にせっせと行っています。

なんと、市内で通学できそうなところが、5校もあります。

そして、どこも、面倒見が良さそうで、

SAKIKOにあうのではないかと思いました。

SAKIKOが、3年間行くところ、今後の人生に大いに関連することです。

じっくり考えて行きます。

ある学校の先生に言われました。

「迷いがあるのなら、じっくりじっくり考えなさい。」

「小中学校が面白くなかったなんて、なんてもったいない。

楽しもう。。。」

「環境は、準備する。でも一歩踏み出すのは、SAKIKOさん自身だよ。」

SAKIKOのこころに響いているのを感じました。

どこの学校に行っても、SAKIKOを肯定的に捉えてくれて

SAKIKOは、前向きになっているのを感じます。

SAKIKOが、羽ばたけるのは、公立高校ではなかったのだと思います。

これで、良かったと、思います。