軽度知的障害SAKIKOのすすむ道

軽度知的障害の中学生SAKIKOとの生活を綴ります。楽しいこといっぱい、でも悩ましいこともいっぱいです。

特別支援クラスの先生と面談

2学期が始まり、今後の進路についてということで

特別支援クラスの先生と、面談しました。

(所属は、特別支援クラスですが、評定を受けるため

ほぼ普通クラスで過ごしています。)

評定にSAKIKOがショックを受けているということも話しましたが、

先生としては、1学期に普通クラスで過ごせただけでも

SAKIKOは、すごい頑張っていると思っているとのことでした。

普段の様子からは、大人数のクラスに溶け込めなくて

すぐに特別支援クラスにもどってきてしまうのでは

と思っていたとのこと。

いつそうなっても、いいように考えていたとのことでした。

最初の頃は、時々立ち寄り、、、でもチャイムが鳴ると

普通クラスに戻っていくという感じ。

フッーと呼吸しに来ていたのかな。

そして今はほぼ普通クラスで、頑張っている。

SAKIKOは、今とっても頑張っているといってくださいました。

療育手帳が取れなかったことで

ちょっと頑張れるチャンスをもらえたということでしょうか。

大人数で余計に自信をなくすのではと心配していましたが。。。

頑張れた自分に自信を持ってもらえたらと思います。

実際どうなのかは、まだまだわかりませんが。。。

見守っていくしかないですね。