読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽度知的障害SAKIKOのすすむ道

軽度知的障害の中学生SAKIKOとの生活を綴ります。楽しいこといっぱい、でも悩ましいこともいっぱいです。

SAKIKOの大切な友達が卒業

SAKIKOのお友達は、中学3年生。2歳年上。

その子も特別支援学級の子で、卒業後は、高等特別支援学校に入学が決まった。

彼女も普段は、全然しゃべらない子。でもSAKIKOとは、いろいろ話せる。

彼女との出会いは、SAKIKOにとって本当にかけがえのないものとなった。

先週の卒業式でもう中学校にはいない。

振替休日の昨日は、家で二人でクッキーを焼いていた。

静かに静かに。でもふたりともたのしそうにいい表情。

「明日から、◯◯(お友達に名前)がいないから、学校で話す人いないな」

ってSAKIKOは言っていた。

不安あるだろうな。お友達のお陰で学校に行けたんだね。

でもちゃんと今日も元気に中学校に出かけていきました。