読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽度知的障害SAKIKOのすすむ道

軽度知的障害の中学生SAKIKOとの生活を綴ります。楽しいこといっぱい、でも悩ましいこともいっぱいです。

「ただいま~」の声と顔

SAKIKOの日常

SAKIKOの母は、医療職で夜勤もやっていて、いつも大忙しです。

夜勤の日は、すれ違いで夕方に会えないことも。。。

とっても大変で仕事の仕方を何度も考え直そうとしたけど。。。

 

どんなに忙しくても、ちゃんとしたご飯が作れなくても掃除が行き届かなくたっ

て。。。子どもたちが母のずぼらさも許してくれたから。

夫よ。子どもたちよ。許しておくれ。

でも、ひとつだけは、大切にしたいことがある。

「ただいま~」の声と表情を感じられる親ではいたいと思っています。

それだけは、できる心の余裕を持ってすごせるようにしている。

声聞けば、なんとなくわかる。今日がどんな一日だったか。

顔を見れば、なんとなくわかる。

そして、いやなことがあったとき、親に話してみようかなと少しでも思えたとき

そこに私がいて、話を聞ける雰囲気を持っておきたいと思う。

こんな風に思うのは、小学4年生のときのSAKIKOのつらい学校生活があったか

ら。

そのとき、私の気づきが、遅かったから。。。甘かったから。。。

そのことは、また次回書きますが。。。

 

もう少し成長したら、大変なことがあっても、玄関の前で一呼吸おいて元気な声出した

りするのかな。そうしたら、気がついてあげられなくなっちゃうのかな。